【1890万件】鹿児島安い引越し業者【口コミランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?

kobetete.png

鹿児島で家財引越しの料金相場や激安方法

2.png元運送業界の管理人が語る!

大型家電など家財道具にかかる料金相場を知りたい場合、どのような方法をやったらいいのか知っていますか?

時間の余裕が少ない場合や、自分での交渉などが得意でない方にオススメの方法をお教えしますね。

それは、無料の一括見積もりサイトを通して業者に概算を出してもらう、これだけでOK!!
それによって、一回のみの依頼で多数の会社から見積を出させることが可能なのです。
各社の料金が一覧になれば、同じ物でも、各々で価格が異なることに驚くかもしれません。だからこそ、複数社から見積もりを取る、というのがどの業者を利用するか選定する前に絶対しておくべきポイントなのです。

ベッドやソファー、テレビなどの家財の引越しをする場合、目安とするべきはクロネコの家財宅急便ですね。
クロネコのグループ会社の、ヤマトホームコンビニエンスがやっています。こちらは引越し会社です。
特徴は通常の宅急便は部屋の中から搬出、搬入作業も対応しないので、価格は下がります。一方でヤマトホームコンビニエンスの家財宅急便の方は部屋の奥から搬出する等、引越し会社のため頼むことが可能です。宅急便より料金が高額です。

2015-11-30_193203.png

ここでアート引っ越しセンターなどの会社と駆け引き交渉するなら、このヤマトの料金をベースにして値引きできるか確認するといいです。
もちろんのこと、引っ越し業界の忙しさなどにより、ヤマト便より低価格の会社を発見するケースもあり得ます。

そんな時、一番安い価格を探したいなら、一括サイトが良いです。
一件ずつ電話をする面倒がかかりません。必要事項を入力すれば、すぐに金額を調べられます。

同じく運送業界大手である佐川急便が実施する大型家具・家電設置輸送サービスというものがありますが、個人ではなく法人向けになります。

日本郵便局のゆうパックだと、3辺の大きさ制限が170㎝までなので、大体の家財はサイズオーバーです。

家財の引越しで損をしない方法


先に述べたように、家財引越しの料金で得をするためには、複数社から概算を出してもらうことが必要です。
「よくCMを見る引越し業者だからここに決定しよう」なんて言って競合からの見積もりを取らなければ、価格はその会社だけが決めることに。思いの外損している可能性もあり得ます。

しかし、複数の業者に直接見積を出してもらうのはなかなか大変です。
ということで一番良いのがこちらの一括見積もりを利用した見積り依頼の仕方です。

家財引越しに係る相場や値引き方法を見つけたい場合、一括サイトをお勧めするとお伝えしました。ではなぜそれが良いのかをお伝えしますね。

1.普通に見積もりを依頼するより、見積もりサイトを通す方が値引き額が大きい
2.一括サイトを利用すれば1回だけの申し込みで最大10社に同時に依頼できるので時間がかからない

「割引額が大きい」というのは、引越し業者側の「競合他社に向けた対抗意識」を明確にさせて、値段を下げさせる、ということです。
自分から業者側に交渉をしなくとも、「サイトを使っている」イコール「競合会社と比較している」という意味を込めた見積依頼なので、業者側も最初からライバルたちの値段を意識して、料金を安くした見積りを出してくる可能性が大きい、というわけなんです。

このやり方なら、話し合いが苦手という方や、ややこしいことが苦手でうっかり「ここに決めちゃおう」なんてなりがちなタイプでも楽に安い料金に出来ると思います。

が、この方法で大きな値下げを頼めるのは、閑散期と呼ばれるシーズンが多く、予約などで繁忙期だと激安にはならないかも・・・。

少しでも受注したい!というスタンスの会社なら、良心的で安い見積もりを出すこともあるので、たくさんの会社の見積依頼をして、比較検討するのがいいですね。そこで並べた見積書に目を通せば、相場の価格も分かると思います。

一番安い業者を選ぶもよし、相場より大きく割高で無い業者で、なおかつ口コミが良い業者を選ぶのも一つの手です。
 

家財1点だけでも引越し業者は嫌な顔しないのでしょうか?


引越しとなると大型家電やたくさんの段ボールと大量の荷物をイメージする人も多いですよね。けれど洗濯機や本棚一つだけ新居に持ち込みたいという方がかなり増えているようです。
同居家族が多かった昔は女性だけでは移動が出来ない荷物を複数で手伝ったり出来ていましたが、今は一人暮らしが増加しているからです。
引越し会社にとっては、大きな収益源の一つになっているので、嫌な顔せず家財だけでも引き受けてくれます。
 

もし家財を処分する時の料金はどの程度でしょうか?


家具や家電を廃棄するには料金の支払いが必要です。各市区町村で金額はバラつきますが、3千円程度かかるようです。
問題点は、重量のある物を玄関先に移動する事が必要な点です。その際も引っ越し業者が移動をするのにやってもらえます。
 

引越し荷物の一時預かりについて

torawkku.jpg

引越し業界に詳しくない人は想像しにくいでしょうが、改築などで一旦家の物を全くない状態にするとき一時的に預かるサービスを各引越し業者でやっています。
おおよそひと月で4t程度の荷物内容で4万円弱が相場です。4トンの量というのは、大人3~4人分の荷物の量です。
価格は各社で大きく違うため複数社へ確認するのをお勧めします。

家財引越しの際、日本通運でも1点だけの引越しでももちろん対応します。料金概算を出して都度提示されます。絶対安いわけではなく、聞いてみないとはっきりしません。

我が家の家財の量を確かめようにも、たくさんの種類があるため忘れがちです。

夫婦のベッドやクイーンサイズのマットレス、迫力のあるテレビなど、大型の物の引っ越し作業も引越し業者の人が対応にあたります。
こういう品物は腕のあるスタッフでないと破損の原因になります。ここは大手をお勧めします。

wall-416060_1280.jpg

故障が発生しても標準規定によって、保証の対象になります。
トラブルがないのが引越しの前提ですが、万が一が起こった際に保証のことで揉めてしまうのも引っ越しです。
安全の実績を重視したいですね。
kobetete.png