【1890万件】鹿児島安い引越し業者【口コミランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?

kobetete.png

鹿児島で小学校の転校手続きについて

2.png引越しする事が決定した際、お子さんがいるなら転校の手続きが必要ですよね。

この手続きは、色々と走り回らなければいけない上に、必要書類も煩雑で困惑することも多数出てくると思います。
急きょ決定した引越しの場合は、新しい新居の住所が決まっていない時もあると思いますが、大事なポイントを抑えればスムーズに手続きを終えることができるんです。

当サイトでは、子どもを過去に転校させたことがある管理人が、順番に手続きのポイントをご紹介しようと思います。
 

小学校の転校手続きQ&A

Q.プライベートな事情で転居先の部屋がまだ本決まりしていません。小学校の手続きは可能でしょうか。

A.転校・転居は仕方なくするケースもありますので、特別OKが出る事もあり得ます。たとえば、家庭内暴力やストーカーの被害で引っ越したいが、はっきりと住所は決められていない場合。特例が認可されていますから、安心して相談に行きましょう。
また、特認校と呼ばれる小規模学校もあります。遠くの住まいからでも通学可能な運営体制になっています。

Q.転校の手続きは市役所や学校、教育委員会に本人も同伴したほうがいいのでしょうか。

A.転校前の学校は保護者が連絡を行い、必要書類の記入等するべきでしょう。どの時期に、転校のことをクラスで言うかなど、先生と打ち合わせが必要ですので、子どもが同席していると相談しづらくなります。
逆に新しい学校では先生も子どもも、お互いが見ておきたいでしょうから、連れていくのが良いです。ただ、何か先に伝えることがあれば先生に相談し別の席を設けましょう。

鹿児島の教育委員会
住所:鹿児島市山下町11番1号
電話:099-224-1111(代表)

 

Q.公立小学校→私立へは転校できる?

A.転校はできますが、一般的に私学の方がカリキュラムが早く進むことがあります。私立へ転校後にきちんと勉強のフォローが必須になります。


急な場合はしょうがないですが、特に区外等への転校の場合、転校手続きだけでも数日必要になる事が多いです。また両親とも働いている家庭の場合、小学校・役所での手続きなどが休日にしかするのが難しく、一度にすべて終えられないなどとなってしまい、なかなか進まない事あるようです。

新居に住む1週間前までに転出届を提出し、転居後は14日以内に転入届、同時に小学校の手続きも行わないとなりません。

必要な道具をチェックして買ったり、時間がかなりあっても足りない!という状況になってしまいますので、急を要する場合、小学校が長期休みの季節に引っ越すのが一番と言えるでしょう。

夏や春、冬の休み中に焦らずに手続きを済ませながらお子さんの様子をよく見て、ケア・フォローしていくのが大切だと思いますよ。
kobetete.png